風土・技・人が醸し出す味造り
種麹
日本の発酵食品は「こうじ菌」の文化
日本の伝統食品である、味噌・醤油・酒・酢・・・などは、「発酵」によって深い味わいと健康機能が醸し出されます。 この「発酵」で重要な働きをするのが「こうじ菌」です。学名は、アスペルギルス・ オリゼー(Aspergillous oryzae)業界では「もやし」と呼ばれています。 先人達は、「こうじ菌」の働きを巧みに活かし、その恵みに感謝しながら「こうじ菌」の食文化を生み出し、今日まで受け継がれて来ました。 弊社は、400年の歴史と伝統を誇る本場仙台味噌醤油の醸造法を受け継ぎ、自然の力と熟練の技で、健康で豊かな食文化の向上に役立ちたいとの想いで商品をお届けして参ります。